読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キャラクター、装備、コースなどが多い対戦ゲームが嫌い


なぜなら、対戦ゲームでやりたいのはキャラクターや装備の性能やコースを覚えることではなく読みあいや駆け引きなど頭を使うことだから。キャラクター、装備、コースなどが多すぎると暗記に時間がかかるから深みのある対戦が実現するまでに時間がかかりすぎる。しかも覚えても現実には何の役にも立たないからおぼえる気にもならない。英単語や虫の名前でも覚えるほうがましだ。しかも寿命が短い。大抵のゲームは数年以内に過疎ってしまう。だから覚える前にうんざりしてしまい辞めてしまう。思考力を試されるのなら思考力が身につき、それは現実でも役に立つのでやってよかったと思える。昔スト4ちょっとをやっていたけど技やコンボやフレームを覚えなければ話にならないしキャラクターが多すぎるのでうんざりしてやめた。コマンドがシンプルなのでスマブラに乗り換えようと思ったけどキャラクターが多すぎるから買うのを辞めた。スプラトゥーンは装備が多すぎて射程、攻撃力、ボム、スペシャルを覚えるのにうんざりする(しかもアップデートで性能が変わることもある)しマリオカートはキャラ、マシンのパーツやコースが多すぎてうんざりする。一つのコースだけでもそこそこのタイムで走れるようになるまでに練習に結構時間とられるし。なぜ増やそうとするのか?むしろ減らして欲しい。


ゲームでしたいのは頭を使うこと。暗記なんかしたくない。